ロゴ
>ホットトピックス>住まいを空ける際にはリロケーションを利用しよう

住まいを空ける際にはリロケーションを利用しよう

マンション

リロケーションを行うメリット

リロケーションを行うメリットは、「貸家」として使う期間が終了すれば、その家をまた自分たちの住居として活用できる点にあります。単身赴任などで、一時的に家を空けることになったときなどに、便利に使えるシステムです。

リロケーションとサブリースの違い

貸す期間を指定できるリロケーション

貸す期間を自分自身で決定し、短期間のみの貸し出しができるのが、リロケーションの特徴です。「空き家にしておくのはもったいない」と考える方に向いています。

安定性の高いサブリース

一方でサブリースは、間に不動産会社が介入し、第三者に物件を貸し出します。管理会社にお任せで安定した賃料を得やすくなる一方で、不動産会社の利益を確保するため、手元に入るお金は少なくなります。

マンション管理は専門会社にお任せ

マンション管理の内容は、多岐にわたります。自分自身の手でやろうとする方もいますが、きめ細やかな管理をするのは大変なこと。多少コストはかかっても、専門業者に依頼することで、物件全体の価値も高めやすくなります。

マンション管理に関する疑問にお答えします!

部屋

マンション管理会社はどう選ぶべきですか?

マンション管理会社は、信頼できる会社を選ぶことが何よりも重要なポイントです。気になる点は事前に積極的に質問し、真摯に対応してくれる会社を選ぶのがオススメです。

マンション管理の主な仕事内容は?

マンション管理の仕事内容は多岐にわたり、入居者募集から賃料の回収、共用部分の清掃や各種手続き、さらには入居者からのクレーム対応も含まれています。

費用について気になります

マンション管理を業者に委託した場合の費用は、賃料の約5%程度をイメージすると良いでしょう。手間と費用のバランスを考えながら、契約することが重要です。

管理会社の変更はできますか?

マンション管理会社の変更は、珍しいことではありません。マンション住民の賛成を得ることで、管理会社の変更手続きを進めていけます。

自主管理はできますか?

管理する物件数が少なければ、もちろん自主管理も可能です。とはいえ、24時間365日対応するべき内容もあるということを、事前に頭に入れておきましょう。

広告募集中